【悪徳商法】NURO光を契約し、ソフトバンクのセット割引に申し込んで約2週間後に得体の知れないスマートスピーカーを押し売りされそうになった件

みなさんこんにちは。こんばんは。おはようございます。

🐻です。

今回はタイトルにもあるように、SONYから得体の知れないスマートスピーカーを押し売りされそうになった件について記事を書いていきたい。

なぜ記事にしようと思ったのか

そもそもなぜ記事にしようと思ったのかについてであるが、理由は主に2つある。

  1. 情報弱者の高齢者(父)を狙って、営業電話をかけ高額な契約をさせようとしていた業者の態度が理不尽だと思ったから
  2. このスマートスピーカーを契約するなら、Google HomeやAlexaの方がまだマシだと判断したから

まず、1についてであるが、思い出したのが、最近話題のジャパンライフの詐欺事件や豊田商事事件である。ジャパンライフ事件は最近の事件で政界との関わりが取り沙汰されている。

中曽根、森喜朗…献金リストに元首相の名 権威を笠に肥大化<ジャパンライフ山口元会長>2020年9月19日 05時55分

また、豊田商事事件は、豊田商事が金(gold)を恰も所有しているるかのように吹聴し、「純金ファミリー契約証券」を高齢者に売りつけていたことがあった。

その後豊田商事会長だった永野一男が刺殺された一連の事件だ。

詳しくはWikipediaソースで申し訳はなくはあるのだが、豊田商事事件のWikipediaの記事を読んでみて欲しい。

豊田商事事件 - Wikipedia

何れにせよ、情報弱者をターゲットにしているところが似ていると思った一つ目の理由だ。


次に、2のGoogle HomeやAlexaの方がマシと書いたのは、価格があまりにも高すぎると感じたからだ。契約から1年間は月額1500円程度で利用できてお得だという説明だったが、2年目以降は月額3600円をとるとGoogle HomeやAlexaの方がのことだった。ウォーターサーバーを契約せずに山へ水を汲みに行く生活をしているのに、スマートスピーカーに月額料金を支払うなんてあんまり考えられなかった。

料金体型については以下のサイトにも示してあるようだ。

ソニー、Alexa採用の家庭IoTサービス「MANOMA」。戸締まりやテレビ操作も
ソニーネットワークコミュニケーションズは、家庭向けIoTサービス「MANOMA(マノマ)」を10月23日より順次提供開始する。Amazon Alexa対応の「AIホームゲートウェイ」などを用意し、見守りカメラやスマートロックなどQrio製品、宅内のAlexa対応デバイスなどと連携、音声やスマートフォンアプリで機器操作や...
  • エントリープラン 月額3,682円(ホームゲートウェイ、Qrio Smart Tag)
  • シンプルプラン 月額4,404円(ホームゲートウェイ、室内カメラ)
  • ベーシックプラン 月額4,710円(ホームゲートウェイ、室内カメラ、Qrio Smart Tag、開閉センサー×2)
  • アドバンスプラン 月額5,747円(ホームゲートウェイ、室内カメラ、Qrio Smart Tag、開閉センサー×2、Qrio Lock、Qrio Hub)

特に、一年目に月額1500円で利用できる説明は熱心だったのに、2年目以降に3000円以上になること、契約解除のために別途違約金を支払うことなどの説明がずさんだったようだ。

どうしてもスマートスピーカーが必要ならば、(そもそもGAFA等のプラットフォーマーが好きになれないとはいえ)、Google HomeやAlexaの方が良心的な価格設定であるように思えた。

回線さえ準備していれば、1ど払えば使えるからだ。

そこで、回線を新たにと思い光回線を契約したのだが、契約してから数週間後に先述の営業電話がかかってきた。

そこでの営業トークで一度押し切られ、商品が送られてきた。

どのような商品が送られてきたのか

すでに書いてしまっているが、改めてどのような商品が送られてきたのかリンクを貼っておきたい。

SONY MANOMA

ソニー、Alexa採用の家庭IoTサービス「MANOMA」。戸締まりやテレビ操作も

お探しのページが見つかりません

どのような契約だったのか

すでに契約内容については書いてしまっているが、改めて書き記しておくと次の内容の契約だった。

  • エントリープラン 月額3,682円(ホームゲートウェイ、Qrio Smart Tag)
  • シンプルプラン 月額4,404円(ホームゲートウェイ、室内カメラ)
  • ベーシックプラン 月額4,710円(ホームゲートウェイ、室内カメラ、Qrio Smart Tag、開閉センサー×2)
  • アドバンスプラン 月額5,747円(ホームゲートウェイ、室内カメラ、Qrio Smart Tag、開閉センサー×2、Qrio Lock、Qrio Hub)

 

こちらでどう対応したのか

結果的に、不要な商品だと思ったので、電話してクーリグオフをした。

まとめ

  1. NURO光を契約するつもり/した方は、SONY MANOMAの電話営業に気をつけましょう。
  2. どうしてもスマートスピーカーが欲しいと思った人は、SONY MANOMAを契約するくらいなら、AlexaやGoogle Homeを買った方がお得です。
  3. SONY MANOMAろくでもない。
  4. SONY MANOMAは不要なので消費者の権利を行使してクーリングオフしちゃいましょう。
  5. みなさん詐欺的な商売にはどうかお気をつけください。困った場合は消費生活センターに相談してみるといいかもしれません。

以上。それでは。🐻でした。

コメント

  1. turkce より:

    This article is genuinely a good one it assists new net users, who are wishing in favor of blogging. Tammara Harris Albion

タイトルとURLをコピーしました